« 着々と・・・ | トップページ | 地区予選通過おめでとう!!! »

2012年5月15日 (火)

Yumi先生のLesson

今日は今春から講師に加わったYumi先生のLessonを少しご紹介したいと思います。
Yumi先生は、東伏見教室でLessonしています
ヨーロッパで研鑽を積み、国内外のコンクールで多数受賞歴のある先生で、Lesson中の模範演奏はもちろん素敵ですが、指導はとても細やかで、ピアノを弾くことをもっと楽しくさせてくれます。
子供の生徒さんも大人の生徒さんも一度Lessonを受けたら、きっと大好きになる先生ですよ

Yumi先生のピアノマスターコースはコンクールやオーディションに向けての1レッスン、継続的にお通いいただくレッスンのどちらも可能です。ご興味のある方はぜひ一度体験してみてくださいね。お月謝はレッスン時間・回数などによって異なるので、詳細はお問い合わせください。

ショパン スケルツォ第2番
・今日のポイントは左手
楽譜の通り弾けているのに、なんだかうまくいかないなという時は、左手に原因があるかも
①左手が遅くならないで
右手のテンポと左手のテンポをそろえましょう。左手がテンポを引っ張っていると、右手のメロディーを綺麗にうたっていても、その効果は減ってしまいますよ左手、休憩しないで頑張って
②跳躍をすばやく
跳躍した後の音を、跳躍した勢いで弾かないようにしましょう。すばやく跳躍して、次弾く音の準備をしてから、鳴らしましょう。音色が全然違いますよ。
③左手にも表情を
右手のメロディーには表情があるのに、左手が単調になっていますよ。左手でハーモニーを作っていきます。Bassのラインやハーモニーの変化を感じて、表情につなげていきましょう。右手ばっかりに愛情を注いで、左手に無関心にならないで。左手にも愛情を込めて

モーツァルト ソナタ第14番第3楽章
①古典らしい弾き方を。
タイで伸ばしているところを、腕から弾かないように。ロマン派のようになってしまいますよ。古典の曲はもっと指先を意識して音を鳴らしましょう。
②各声部が聞こえるように。
左手が2声に分かれているところ、整理が必要ですね。音がごちゃごちゃした感じに聞こえています。まずは、右手に手伝ってもらって、2声を両手で弾いてみましょう。これが、お手本になりますよどちらの声部にも役割があります。何となく2つの音を弾いている、ということがないように。





« 着々と・・・ | トップページ | 地区予選通過おめでとう!!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事