2018年4月 5日 (木)

鬼に金棒

Sophieさんは、スラッスラにしてきてくれました。前回「音が不協和音だから覚えにくい」と言っていた曲もバッチリになっていました。今日はミッキーマウスマーチの続きから譜読みしていきましたが、和音にワクワクしていました。今日はいつにもまして、楽譜を見ながら弾いてくれていましたが、最近譜読みに一層興味が出たとのことで、新年度は譜読み強化月間に決定!鬼に金棒になりそうです。

Funnyちゃんは、両手を進めています。新年度みんなの前で弾くかもしれない、ということで、「これから土日は毎日やるんだ」とはりきっていました。かなり覚えてきてくれているのですが、サビの繰り返しが多いため、今どこかわからなくなってしまう問題が発生。しかし、メロディを歌詞で歌うことで少しクリアできました。

Cherryちゃんは、「大きな古時計」の両手を早々と合格できました。先日、お友達の家でもピアノを披露したとのことです。その後は右手のメロディをどんどん弾きました。4曲もできちゃった〜♪と嬉しそうでした。

2017年7月12日 (水)

連日の暑さ

毎日とても暑いですね。かき氷でもして、暑さをしのがないとcoldsweats02

fly君
夏の暑さのせいか、最近ぐだぐだになっていますね。先生もきびきびとして、スマートな会話で引っ張ってあげないと。音符はしっかり読めてきているようなので、後は指がよく動くように練習だね。小学1年くらいだと、まだフォームにごたわるより、たくさん指を動かして、音を聴く方が大事です。


jay君
よく練習してあります。ベートーヴェン、第9交響曲のピアノ版はとてもよくなりました。次はショパンの華麗なる大円舞曲ですね。調号に気を付けて譜読みしてね。いつも電子辞書で好きな曲を見つけて来てくれるjay君。自分でやる曲を選ぶのは、上達への近道だと思います。ステラ音楽教室の方針でもあるし、みんなも参考にしてね。

2017年6月26日 (月)

PTNA地区予選通過おめでとう!

今日は、本当の真夏日ですね。ピティナ地区予選の結果が、出始めています。 現在の所、springちゃんが予選を通過してい ます。おめでとうgood
地区本選は、60名程度から3名程度しか通過しない狭き門なので、今まで以上に練習とレッスンを頑張りましょう。rock

noteステラ音楽教室
http://s-music.jp/

tulipステラ音楽教室 コンクール対策レッスン
http://s-music.jp/concour.html

2017年6月 6日 (火)

♪みんな楽しそうでした♪

Kylieくんは、今日はいつもよりもさらに大きな音で弾けていました。「燦燦」は、左手の最初の音が大事なんだよ。と話し、Kylieくんが弾くのにあわせて、その音だけ弾いたり歌ったりしてみると、音が厚くなったこと、そして和音を感じてくれたみたいです。「海の見える街」順調に伴奏のパートを進めることができています。アルペジオもすっかり慣れました。グリッサンドは、指の背をさすりながらも、楽しそうに何度も弾いていました。

Michelleちゃんは、「ビリーブ」3回目にして、もうかなり両手に慣れてきています。今日からは、もっともっと「得意!」と言えるようにしよう。ということと、「覚えていく」ことが目標。最初のページはほとんど見ないで弾けてしまいました。すごいです!「海の見える街」では、前奏はすごく堂々と、メロディは楽しげに弾き分けていました。伴奏パートも音を覚えるのがとても早く、今日は嬉しい驚きばかりでした。

Kateさんは、体験レッスンにいらっしゃいました。合唱コンクールで伴奏に挑戦したいと、素敵な夢があります。曲は「大地讃頌」を練習しました。調号の多い楽譜を見て「難しそう…」と少し気がひけてしまっていましたので、「パターン」があるよ!と伝えました。ほとんど同じ和音で構成されていることと、右手のメロディがあることを感じてもらって、1ページ目を繰り返し練習しました。

Annieさんは、今日から新曲に挑戦です。前回迷いに迷った曲のひとつ、「東京テディベア」。こちらもボカロの曲ですが、「昭和の雰囲気がありますね」というと、Annieさんより、お母さまがすごく納得してくださっていました。右手も左手もしっかり見てきていて、後半のギターのようなカッコいい伴奏形も2回目にはなんのそので弾けてしまっています。最近譜読みもすごく早く、臨時記号にも調号にも強くなっています。大好きなボカロ曲で技術をあげているのがとてもよくわかります。

Nicoleさんは、久しぶりのレッスンです。「しばらく歌っていないから、忘れてしまっていたら悲しい」とおっしゃっていましたが、忘れてなどいらっしゃいませんでした。呼吸の話しの時には、「気功での教えと通じることがあって、とてもよくわかる!」と身体を大きく動かしてくださいました。「アヴェマリア」は、頭から最後まで。準備を早くしてから声を出してくださるので、ポンポンと難しいフレーズをクリアしていけます。レッスン後は、いらした時より、溌剌とされた顔で帰っていかれました。

2017年6月 2日 (金)

♪新曲選び♪

Annieちゃんとは、今日は新曲選びをしました。最近ボーカロイドの曲にハマっているAnnieちゃん。たくさん載っている本をもっていったので、「どれにしよう、迷う…」と大長考。気になるものは全部弾いてみていました。迷いに迷って、結論は「最後まで迷ったものを2つ同時にやる」。楽譜を渡すと、「ありがとうございます!」と、とっても嬉しそうに受け取ってくれました。

2017年5月27日 (土)

♪歌もピアノも♪

Claireちゃんは、「ホールニューワールド」の歌からです。しっかり歌を聞くのは初めてでしたが、透明感のあるとても綺麗な高い声で、サビの「大空~」のところなど、ホールで聴いているように伸びやかに歌えていました。ピアノは「ノクターンop.9-2」だいぶ忘れちゃった…とヘコんでいましたので、「大丈夫、頭の奥に埋まっているだけだから、ほりだそう!」と言って、一緒に練習しました。一回ずつ上手くなっていくと、自分で「今もうこのあたりまできた!」と腕や頭を指していました。

Savannhaさんは、「グリーンドルフィン」今日は、いつにもまして調子が良く、ご自身でドラムのリズムを口ずさみながら弾いてくださいました。後半は、右手トップと左手をやってきてくださっていたので、それにプラスして、右手だけ和音で練習もしました。やはり和音になるとコードがよくわかるので、一見複雑なようですが、意外と使われている音は変わらない、ということがより感じられたようでした。

Bellさんは、「ジュピター」の仕上げです。最近バランスポールでストレッチをしているというBellさん。肩の力を抜くことに一役買っているそうで、歌う時の姿勢もよくなっていました。今日のポイントは、首の後ろに口があるような意識で歌うことです。喉の不要な力が抜けて、高い声が出しやすくなります。そのポイントと、重心を下に落とし込むことで、「ジュピター」の高音がクリアできました。

2017年5月25日 (木)

両手はむずかしい?

Jadaちゃんは、「明日へ続くこの道を」の伴奏を練習していますが、今日はとても早く弾きたそうにそわそわしていました。理由はすぐわかり、前奏から最初の1ページが楽譜通りにスラスラ弾けるようになっていました。この一週間、毎日弾いたと言っていて、上達が自分でもよくわかったそうです。たくさん頑張ってくれてとても嬉しいです。また、今度「スーパーマリオのテーマ」を人前で弾くようで、そちらも聞かせてくれました。「ペダルを使おうか、でも使わない方がゲームっぽい…」と考えながら、弾き方を工夫していました。

Sophieさんは、ギターを買ってもらったら持ってくる、と話していましたが、今日持ってきて「スープ」という曲を聞かせてくれました。昨日だけで、弾き語りをマスターしたそうです。ピアノは「コンパスオブユアハート」転調部分は「ここ覚えにくい」と苦戦していますが、「だんだん左に音が動く」など、色々なルールを見つけながら弾いてくれました。

Oliviaさんは、今日は体験でいらっしゃいました。ピアノ曲は、「前前前世」右手と左手を片手ずつ弾くのは得意だそうですが、「どうやって両手を合わせたらいいのかわからない」と話していました。そこで、今日は片手ずつを弾きながら、先生と連弾するという練習で、両手を合わせたメロディを頭にいれていくことを中心にレッスンしました。最後には、少し不安そうでしたが、自分で両手で弾くことに挑戦。最後まで弾けて、少し自信がついたみたいです。

Sunちゃんは、今日から「輝く未来」のピアノをはじめました。メロディは耳コピで取ったことがあったので、すぐに思い出すことができ、初回から、楽譜通りに弾けています。指番号もしっかり守れて、無理なく手を運ぶことができました。「ホールニューワールド」では、掛け合いになるところはもうとても上手なので、今日はハモりに挑戦。「つられるー!」と言いながらも、一生懸命自分の音を歌って覚えてくれました。

Sarahちゃんは、今日は「やぎさんゆうびん」に挑戦です。以前は知らない曲は、少しとっつきにくかったようでしたが、今では投げ出さずに取り組んでくれます。色ぬりをすると、すぐに両手にチャレンジしてくれました。楽譜をよーく見ながら、丁寧に弾いてくれます。特に付点のリズムのところを上手に弾いてくれました。

2017年5月22日 (月)

♪指慣らし

Kylieくん、今日も長い曲を最後まで集中して元気に弾いてくれました。左手を大きく使わなくてはいけない「燦燦」を弾いているうちに、左手はオクターブが楽々届くようになったみたいです。「左の方が楽に届くようになった」と喜んでいました。「海の見える街」では、和音をバラバラに弾くところで、3文字の言葉に合わせてみよう!というと、「〇〇〇」と自分の名前に合わせて弾いてくれ、とっても綺麗に音が鳴りました。

Mellissaちゃんは、発表会にむけて、今日から「ビリーブ」のレッスンをはじめました。お母さんが色をぬったら、楽しんで自分から弾きはじめたとのことです。「今日は初めてだけど、どこまで弾いてきてくれたの?」と聞くと「右手さいごまで」とびっくりする答えがかえってきました。私が左手を弾くと、合わせて、正しいリズムと音で弾くことができました。初回からすごい頑張りをみせてくれました。

Alyssaさんは、今日は久しぶりのレッスンになりました。ハノンで指慣らししたあと、「からくりピエロ」を最後まで聴かせてくれました。この二週間、部活のない日は必ず練習してくれたということで、譜読みを飛び越えて、かなり弾き込んでおり、ピアノですが歌がしっかり聴こえてきました。Alyssaさんは、どんなにノッて弾いている時でも、冷静さを失わないところがすごくいいです。しっとりとした曲を歌い上げて、堂々合格。次は最近のマイブームであるボカロ曲をやろうか、クラシックをやろうか考えてきてくれるそうです。

2012年7月16日 (月)

地区予選通過おめでとう!!!

みなさんこんにちは

ピティナコンペティション地区予選が開催中ですnote。当教室からは、KTちゃんが地区予選を通過し、HSちゃんとAK君が奨励賞を頂くことができましたup。おめでとうございます!happy01

今回受賞を逃した生徒さんも、頂いた採点表のコメントや、日ごろ先生から頂いているアドバイスを守り、ピアノの上達に励みましょうclub

予選においては、ある程度の勢いがある方が通過する確立が高いです。審査の先生方は、たくさんの演奏を聴かなくてはならず、フレーズごとに新しい発見をさせてくれるような演奏を評価する傾向があります。反対に中途半端に遅めのテンポで、強弱や呼吸が少なめの演奏はどうしても、聴き疲れしてしまいます。一音一音、一つ一つのフレーズを丁寧に、目的を持って弾くことで、ミスタッチや、焦り、緊張を減らすことができます。また、常日頃からステージに立ち、多くの場数を踏んでおく事もプラスになります。さらにピティナコンペティションでは、地区予選を2会場まで受けられるので、時期を分けて2回受験するのもよいでしょう。ご家庭での練習ですが、スパートがかかるのが一ヶ月前くらいだと、どうしても付け焼刃になり、何かを直すと、何かが元に戻ってしまうという事もあります。曲が発表される前は、タッチや、音色作りの基礎を身につけておき、曲が発表されたら、先生に教えられた事を次の週には必ずできるようにし、毎回レベルを高めていきましょう。練習がマンネリ化してきたら、コンサートなどに行き、モチベーションを高めるのも大切です。

2009年10月22日 (木)

平和への思い

「被爆ピアノ、ニューヨークでコンサート」というニュースを耳にしました。被爆ピアノと言われてもピアノは、人間や動物ではないので、それほど痛々しくないのではないかと写真を検索してみました。しかし、ピアノに突き刺さった写真は、音楽を愛するものとしても悲しく見え、また、世界をつなくはずの楽器に突き刺さるガラス片は、世界が仲たがいした時代の壮絶さと悲しさを感じます。このニュースに出てくる被爆ピアノを管理する、広島にすむ調律師の矢川光則さんは、父が原爆の被爆者で、消防士として被爆したそうです。その被爆ピアノは、原爆の投下時、爆心地から約1.8キロの民家にあり、爆風でガラス片が無数に突き刺さりました。その持ち主から平和への思いを込め被爆ピアノを譲り受けた矢川さんは、このピアノとともに、全国の平和コンサートに使用しています。その思いがニューヨークのテロで、消防士として命を落とした家族にも届き、来年の9月ニューヨークでの被爆ピアノのコンサートとなったようです。かつて原爆を落とした国、落とされた国という枠を超え、人類は皆、平和を愛しているということが分かり合える架け橋になってくれれば祈るばかりです。

下記は、被爆ピアノを分かりやすく説明しているビデオです。
http://www.youtube.com/watch?v=kOrNXlJxSlI&feature=channel_page